当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

むちうちなら札幌北円山接骨院

札幌北円山接骨院

足関節捻挫

悩みタイトル

  1. 膝が痛い

    足首の関節の痛みや違和感でお悩みの方は多いかと思われます。
    特に日頃からスポーツで体を動かしている方や動くことの多い仕事に就いている方は足首を捻りやすかったり、変に体重がかかって痛めやすいです。

    そういった方に多い症状としては、
     歩いている時、立っている時など体重をかけた時の痛み
     軽度の腫れ
     触ると熱があるような感じがある

    また更に症状が悪化すると、
     足首周りの内出血や重度の腫れ
     痛みが強くて、歩くことが困難

    このような症状が現れた場合は放置したりせず、出来るだけ早く病院または整骨院で診て頂くのが賢明です。
    もし放置してしまうと、靭帯の損傷や関節の異常に繋がってくるので、早めの受診をおすすめします。

  2. 足関節捻挫に対する当院の考え

    膝が痛い

    足関節捻挫とは大きく分けて内反捻挫と外反捻挫に分けられています。
    内反捻挫とは足首が足の裏側に強制的に動いてしまい捻挫してしまうケースです。外反捻挫とは足首が足の甲側に強制的に動いてしまい捻挫してしまうケースです。両方の捻挫共に起きてしまう原因というのが脚の筋力不足から来るものでもう一つが股関節の関節運動能力低下によるものです。脚の筋力不足は思っていたより脚が上がらずつまずいてしまい捻挫してしまうもので股関節の関節運動能力低下では股関節を上手く使えず足首や膝関節に疲労が溜まり捻挫してしまうケースです。どちらも股関節の柔軟性や脚の筋力を鍛えることで予防出来ると考えています。

  3. 足関節捻挫を放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    足関節捻挫が発生しても歩行は可能なので放っておく方も多いです。
    捻挫したまま、もしくは完治しないまま放置してしまうと、靭帯が引き伸ばされた状態のままになり靭帯が緩んだ足関節は不安定な状態のまま戻らなくなることもあります。サポーターやテーピングを常にしながら後遺症に悩んでしまう破面になってしまう可能性もあります。放置しているほとんどの方は足関節不安定症となります。
    足関節は不安定になるので何度も同じ捻挫を繰り返してしまうことにもなり、関節は弱くなり次第に劣化していきます。
    こうなることで骨折はしていないのに症状がひどくなってしまいます。

  4. 足関節捻挫の改善方法

    膝の痛み

    足関節捻挫の改善方法は応急処置としてまず患部を氷のうや冷やしたタオルを使って冷やし炎症を早く抑えるようにします。また関節がなるべく動かないようにテーピングやサポーターを使用して固定するようにし、むやみに動かさないようにします。歩行で強い痛みを感じるような場合は整形外科を受診してもらうようにします。
    テーピングやサポーターを長時間使用し続けると身体がそれらに頼ってしまい足関節周辺の筋肉が弱くなっていってしまう可能性があるのである程度痛みが引いた段階で外すのが好ましいです。
    筋肉は一度痛めてしまうと再受傷しやすくなってしまう為、タオルギャザーやつま先立ちを行うなどして筋トレを行ってもらうとよいでしょう。

  5. 足関節捻挫の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    明るい挨拶

    足関節捻挫の改善に効果的な当院の施術メニューはいくつかありますがまずは電気です。捻挫をすることにより足関節の炎症が引き起こされます。その炎症を抑える、回復の促進の為に電気を行います。そして他には鍼治療があります、電気と同様に炎症を抑える、血流の促進をし、回復の促進を行います。そして、足関節捻挫をしてしまうと、足関節の乱れが起きてしまいます。足関節には骨が7個あり一つ一つが合わさり関節を作っていますがそこが崩れていると再発もしやすくなってしまいます。なので、当院の矯正治療で足関節のバランスを整えるのが効果的です。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    足関節捻挫の改善に効果的な施術メニューに1電気治療。2針治療を挙げましたが1電気に関しては患部に非常に高い鎮痛効果と即効性が期待できます。傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進するため急性の痛みにはとても効果的で痛みや晴れを抑えてくれます。2針治療に関しては痛みを感知する組織、関節を動かす筋肉・靭帯これらに直接アプローチをすることが出来るため人間が本来持っている自然治癒力を高めます。またこれらの治療を併用しさらに矯正治療を行うことで早期の回復を促すことが出来ます。

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    明るい挨拶

    足関節捻挫の治療頻度としては最低でも週3日通うのが理想と考えます。理由としては足関節捻挫はスポーツ外傷でよく起こりますが身体のバランスや骨盤の歪みによって起こるものもあると考えているからです。患部に電気治療や超音波治療を施し完治したり筋力強化のトレーニングをしたりしても身体のバランスがとれていないとまた怪我につながってしまいます。なので最低週3日通っていただき患部への治療と身体の歪みなどを正すことにより、姿勢も良くなり身体の機能が正常に働き再発防止へ繋がると考えています。

▲ページの先頭へ戻る

札幌北円山接骨院のご案内

【住所】〒064-0824 北海道札幌市中央区北4条西24丁目2−16【電話】TEL:011-590-1210

  • 札幌北円山接骨院景観
  • 受付時間 土・日・祝
    9:30 ~ 13:00 9:00 ~ 12:30
    16:00 ~ 21:00 15:00 ~ 18:00

    年中無休で営業 ※年末年始を除きます


当院までの地図

東西線 西28丁目駅から徒歩5分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

二十四軒、大通西、南8条西など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください
  • 東西線西28丁目駅から 徒歩5分!

    011-590-1210

    電話予約できます!(受付時間内)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る