悩みタイトル

下半身太りが気になる
骨盤が開いた感じがする
くびれがなくなった
股関節、膝の痛み
むくみがひどい
出産後は骨盤が開いているため、お尻が大きく見えたり、お腹周りや下半身にも脂肪がつきやすくなります。その他骨格の歪みから内臓の代謝低下につながり痩せにくくなるなどプロポーション面で見ても影響が出てきます。また骨格の歪みは筋肉に対する負担となるため気付かぬうちに負担が蓄積して身体が辛くなりやすくなってしまいます。

骨盤の役割とは

骨盤は、人の腰の下あたりにあって上部は背骨、下部は股関節と繋がって、骨格の上半身と下半身を結んでいます。
また骨盤は、腸や子宮などの内臓を包み込むようになっています。左右の大腿骨を結ぶ股関節は、関節の中で最も大きく、下半身を動かす重要な関節です。上半身と下半身を繋いでいる骨盤の役割はとても重要で、体全体のバランスを保ち、「立つ」、「座る」、「歩く」の日常の動作にも関係しています。骨盤が歪んだりずれたりすると全身のバランスが崩れ、様々な部位に影響を及ぼします。背柱や腰椎など骨盤と直接繋がっている部分は特に影響を受けやすく産後症状の出やすい部分です。
さらに女性の場合、骨盤の内側に子宮や卵巣があるため、出産や生理にも深くかかわってきます。

産後の骨盤はなぜ歪むのか

身体の歪みって何?どうして歪むの?という方が多いのでは無いでしょうか?ここでは産後の骨盤がなぜ歪みやすいのかを説明いたします。
まず骨盤や身体の歪みですが、これは関節のズレを指しています。背骨でも骨盤でも沢山の関節で細かい骨が連結して出来ているためこの連結部分の関節がずれてしまうことが身体がガタガタと崩れてしまうのです。つまりこれには関節の緩みや硬さが大きく関係します。
産後の骨盤は出産のため関節が緩くなるホルモンが出ている影響でとても動きやすい状態です。なぜそのようなホルモンが出るのかという部分ですが出産には産道の確保が必要です。骨盤が開き赤ちゃんが通れる部分を作るために関節を緩めるというとても重要な役割を果たしているのです。
つまり産後は出産の影響で骨盤が開いているのはもちろん、関節が緩くなっているため身体が歪みやすい状態なのです。

産後に骨盤の歪みを放っておくとどんな症状が現れるのか

骨盤が歪むと様々な症状が現れます。最も顕著なのが腰痛です。骨盤の上部にある腰椎が骨盤の歪みによってずれを起こし、痛みが発生します。腰椎から出ている坐骨神経を圧迫すると坐骨神経痛となったり、背骨への影響としては椎間板ヘルニアが挙げられます。
骨盤の左右にある腸骨は、仙骨を中心に周期的に緩やかな開閉運動を繰り返しますが、歪みによって開き放しになり、O脚やX脚になることがあります。そこからさらに、外反母趾へと波及することもあります。骨に関する疾患以外では、骨盤の仙骨が女性ホルモンに深くかかわっているため、仙骨の歪みは生理不順や生理痛、不妊症などが起きる場合があり、骨盤が傾いていると大腸に影響し、便秘や下痢などを引き起こすこともあります。
このように、骨盤の歪みは体全体に影響し、精神的な不調にも繋がります。

当院の産後骨盤矯正施術とは

当院の産後骨盤矯正は医師に監修していただいた矯正治療です。主に足関節、膝関節、股関節、仙腸関節、腰椎、胸椎、頸椎、肩関節にアプローチして関節の歪みをとります。産後の骨盤の開きはもちろんですがO脚、X脚などの今後の変形性膝関節症につながる下半身の歪み、猫背、反り腰、側湾症などの脊柱の問題、肩関節に対しては巻き肩、40肩50肩につながる関節の動きの低下に対して効果があります。当院では産後は身体のプロポーションを綺麗にするチャンスと考えております。ホルモンの影響から良くも悪くもなりやすい時期だからです。

産後骨盤矯正をうけるとどうなるのか

産後の矯正をつけることで得られる効果は様々ですが、良くお悩みとして多いのが骨盤が開いて今まで入っていたパンツが入らなくなった。体重が落ちにくくなった、下半身が細くならないなどでは無いでしょうか?
これらは実は脂肪の問題では無く骨格の問題であることが多いです。骨盤が開くと下肢も外側に開くため細く見えにくくなってしまいます。また外側に開くと外側にある筋肉が発達してしまい大きく見えてしまうだけで無く、細く見えるために必要なお尻、腿の内側の筋肉が低下してしまいます。
これらの悪循環は産後だけで無く何年先までも身体の癖として残ってしまうのです。逆に矯正でより身体の使い方を良くすることが出来ることから産前よりもキレイなプロポーションを目指すことができるのです。

改善するために必要な施術頻度は

当院では特殊な治療プランを採用して患者様により多くの治療を受けてもらえるようにしています。歪みは日常生活が蓄積するものです。それぞれの生活背景で個人差はあるものの通常2.3日で初めは戻ってしまうと言われています。極端な話をしてしまえば矯正は毎日でも良いものです。ただ、育児や家事で中々毎日は難しい方が多いです。
そのため当院では週に2.3回を目安に来ていただくようお願いしています。それでも難しい方は週1回が改善の最低ラインです。それより空いてしまうと悪化しないための治療となってしまいます。育児や家事での身体の負担をケアしながら骨盤、骨格を整えていく。生活の中に取り入れることで現在から今後の身体の痛めやすさ、代謝、プロポーションが変わっていきます。